プロトタイピングでの入手性を考えるとRaspberryPiがオススメです。

その後のスケールを考えると国内の技適が通っているintel Edisonや安く入手できるnanoPi Neoなどがオススメです。

また、本格的なIoT製品の開発を考えているならオープンソースハードウェアになっているBeagle BoneCHIRIMENを使ってアプリケーションを開発し、量産時にはプロトタイプ時の互換のSBCをPCD屋さんに発注するというのが良い流れだと考えています。

Categories:

isaax

IoT向けの継続的デリバリーサービス isaax (アイザックス) isaaxを使えば1アクションで数百・数千のデバイスをアップデートできます。 IoTシステムの構築をより簡単にします。

Comment on this FAQ

Your email address will not be published. Required fields are marked *