このページでは、intel EdisonにUSB経由でSSH通信を行うために必要な設定について説明します。mac OS, Linux(ubuntu16.04)それぞれの方法について、順番に説明します。EdisonとUSBケーブル(A to microB)をご用意ください。intel EdisonはUSB端子にUSB OTG(USB On-The-Go)が実装されている為、Ethernetなどネットワークインターフェースとして利用することができます。この記事ではintel Edisonを対象としたTIPS記事となっていますが、USB OTGを持ったデバイスであれば同じ様にsshする事ができます。

セットアップ(Macをお使いの場合)

ドライバが必要となるのでインストールします。リンク先からでもダウンロードできますが、Homebrewをすでにお使いの場合は、以下のコマンドでインストールできます。

$ brew install caskroom/cask/horndis

PCとEdisonをUSBで接続します。Edison側のコネクタは基板に[ J16 ]と書かれている方に接続してください。Edisonが立ち上がるまで数十秒かかります。

[ システム環境設定… ] -> [ ネットワーク ] を開き、左側のリストの[ Edison ]を下図のように書き換えます。

Edisonが存在しない場合は左下の[ + ]ボタンから新しく追加してください。

ここで、Edisonと通信を行うためのMac側のIPアドレスを設定しています。すでに192.168.2.2が使われている場合はその旨を伝えるメッセージが表示されるので、代わりのIPアドレスとして192.168.2.3, 192.168.2.4などをお試しください。

設定を終えた後、ステータスが緑色のランプになり、接続済みと表示されることをご確認ください。以後、Edisonへssh接続を行うことができます。(この設定は初回のみ必要です)

ターミナルを開き、以下のコマンドを実行してください。Edisonにログインできれば成功です。(exitを入力することでEdisonからログアウトできます)

$ ssh root@192.168.2.15
root@edison:~#   // Edisonにログインしている状態

セットアップ(Linuxをお使いの場合)

※ このドキュメントでは、テスト環境としてubuntu16.04.1を想定しています。

PCとEdisonをUSBで接続します。Edison側のコネクタは基板に[ J16 ]と書かれている方に接続してください。Edisonが立ち上がるまで数十秒かかります。

Edisonがマスストレージとして自動的に認識されます。また、ターミナルを開きifconfigiwconfigを実行すると、新しくenp0s20u2c2というインターフェイスが追加されていることが確認できます。(お使いのバージョンにより、usb0などで認識される場合があります)

Edisonと通信するための、PC側のIPアドレスを設定するために、/etc/network/interfacesを編集します。

$ sudo vi /etc/network/interfaces  // お好きなエディタで編集してください

以下の行をファイルの末尾に追加します。

allow-hotplug enp0s20u2c2
iface enp0s20u2c2 inet static
        address 192.168.2.2

変更を適用します。

$ sudo service network-manager stop
$ sudo service network-manager start
$ sudo ifup enp0s20u2c2

以下のコマンドを実行し、Edisonにログインできれば成功です。(exitを入力することでEdisonからログアウトできます)

$ ssh root@192.168.2.15
root@edison:~# // Edisonにログインしている状態

 

*intel Edisonは2017年12月に販売が終了しています。現在ではRaspberry Pi Zero Wが発売しているので、そちらをお使いになることを推奨します。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *