isaaxアドベントカレンダー2日目を担当します、杉田です!昨日は杉田さんが担当しました。

今回は、初めてisaaxを使う方におすすめのチュートリアル記事をご紹介します!

IsaaxのHello World

まずは、isaaxを使った一番簡単なアプリケーションの作り方です。

isaaxではじめるIoTの第一歩!

記事ではRubyを使ったアプリケーションを紹介していますが、PythonやNode.js、PHPでも同じことができます。app.ryapp.pyapp.jsapp.phpなどに置き換えて実行して見てください。

参考までにapp.pyのサンプルコードをご紹介します。

import time

while True:
    print("Hello isaax")
    time.sleep(5)

デバイスの環境変数をisaaxで管理する

ソースコードにハードコードしたくないAPIトークンやパスワードなどの環境変数をisaaxクラウドで管理する方法をご紹介します。IoTデバイスの実運用を見据えたときに必要となるサービスです。

isaaxのユーザ環境変数を使いこなそう

サンプルコードはNode.jsですが、どの言語でもご利用できます。

任意のシェルスクリプトを実行できる機能

最後は少しだけレベルアップしますが、リモートログインできない端末に対して任意のシェルスクリプトをリモートから実行する機能をご紹介します。

isaaxのアプリケーションライフサイクルとシェルスクリプト機能について

ユースケースとしては、ファームウェアのアップデートや、不要なファイルの削除などが考えられます。

上手く動かないときは

チュートリアルをやったけど上手く動かない!そんなときはisaaxのFacebookコミュニティでご質問ください。

https://www.facebook.com/groups/isaaxug/

時々私宛にMessengerでご質問いただき直接回答しているのですが、コミュニティで質問いただけるとあとで学ぶ方の助けにもなりますので極力コミュニティを活用いただけると幸いです。

3日目は、よしたくさんによる「第12回 Raspberry pi もくもく会 に参加して、isaaxをさわってきた」です!

Categories: Tips

Tomoyuki Sugita

Chief Product Officer of XSHELL Inc.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *