Raspberry Piを買った目的の一つに自分で動作できるラジコンを作りたいという話を良く聞きます。しかし、そうそう簡単なものではありません。モーター、サーボなど様々なセンサーが必要ですし、バッテリーやタイヤなどのパーツも必要です。

そこで紹介したいのがOSOYOO Raspberry Pi Robot Carです。Raspberry Piを使ったロボットカーで、Pythonから操作も可能です。それがキットになって、一式手に入るようになっています。

OSOYOO Raspberry Pi Robot Carの概要

OSOYOO Raspberry Pi Robot Carの動画があるのでご覧ください。

主に以下のセンサーが搭載されています。

  • カメラ
  • カラーセンサー
  • モーター
  • LCD(電圧表示)

動作テストを実行しているところです。

カラーセンサーを使ったライントレース

OSOYOO Raspberry Pi Robot Carの前方には5つのカラーセンサーが搭載されています。そのセンサーの値は黒い色が下にあると0、他の色は1になります。そして、このセンサーを使うことで黒く離れたテープの上を移動します。プラスドライバーを使ってセンサーの閾値を調整できるようなのですが、筆者が試した限りでは2つのセンサーが正しく動きませんでした。そのため、ライントレースについてはうまくいきませんでした。

ライントレースにチャレンジした動画はこちらです。

前後左右の移動

左右二つあるモーターを使って前後はもちろん、その回転数を調整して左右への転回が可能です。これはPythonでもコードが公開されていますので、プログラミングをして自動操作をしたり、Webブラウザからボタンを押してコントロールすることもできます。

iOSAndroidアプリもリリースされており、それらを使ってロボットカーの操作を行うことも可能です。

カメラ

カメラを通じてロボットカーの周囲の映像を確認できます。遠隔地にあっても、その周囲の状況を確認したり、ロボットカーを移動させられます。距離センサーはないので、自動操作には向かないでしょう(もちろん改造してみても良いと思います)。

まとめ

ロボットカーを自分で部品を揃えて作るのは大変ですが、OSOYOO Raspberry Pi Robot Carを使うことで一式手に入るのが魅力です。Pythonから操作できるコードもありますので、カスタマイズして楽しむのも簡単でしょう。他のセンサーを合わせたり、写真を撮ってクラウドにアップロードするような使い方はいかがでしょうか。

日本ではAmazonで購入可能です

Raspberry Pi Robot Car DIY learning Kit Tutorial Guide « osoyoo.com


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *