isaax活用例

デバイスのステータスをisaaxのログに出す

IoTプロジェクトを運営していて、突如としてデバイスにトラブルが発生することがあります。その多くはストレージがいっぱいになってしまったり、メモリが枯渇したりと徐々に状態が悪化しているのに気付かないものです。そういったデバイスのステータスは適宜受け取りたい一方、データベースなどに蓄積するほどのデータでもなかったりします。

そこで使いたいのがisaaxのログ出力です。今回はそういったデータの取り方、出力方法を紹介します。 (more…)

isaax活用例

Firebaseを使ってIoTデータをリアルタイム可視化する

この記事はisaaxアドベントカレンダー2018 5日目の記事です。

IoTではセンサーデータを受け取って、可視化するのが基本的な使い方ではないでしょうか。その際に必要になるのが、センサーから随時上がってくるデータを格納しておく場所と、それをリアルタイムに可視化する方法です。

今回はisaaxプロジェクトからFirebaseへデータを保存し、さらにそれをグラフ化してみたいと思います。Firebaseにはリアルタイムデータベース機能があり、まさにセンサーデータを可視化するのにぴったりな使い方が実現できます。 (more…)

お知らせ

オフィスのIoT化をはじめました

XSHELLではIsaaxというIoTに特化したPaaSの開発、IoTの受託開発などを行っていますが、種類が増しつつある各種SBCの特長、あらゆるセンサーの特長の把握が必要不可欠です。そういったデバイスの個性を理解するために弊社オフィスという空間をセンシングすることにしました。