2017年2月24日より、isaaxクラウドとisaaxファームウェア等の改良を行って、サービスの新バージョンをリリースしました。安定した稼働と優れたUXを提供するために重要な変更を含んでおりますので、Isaaxをご利用いただいているお客様に最新リリースの適用・ファームウェアのバージョンアップグレードを強く推奨しています。

注意:クラウド側に大きな変更があったため、古いバージョンのisaax-agentやisaax CLIの後方互換性が含まれていない為、ご注意ください。

改修内容

Isaax CLI v0.6.0

  • デバイスを初期化するために提供していたdevice initコマンドを独立したフラッシュツールとして公開し、CLIから削除しました。
  • わかり難かったインラインヘルプを改良しました。
  • デバイス登録フローを向上しました。

IoTit フラッシュツール

SBCデバイスを初期化するためのコマンドラインユーティリティをオープンソースプロジェクトとして公開しました。

Isaaxエージェント

  • オバーヘッドになっていたユティリティソフトウェアのインストールを無くし、より柔軟性とパフォーマンスが高い「Scriptサービス」をリリースしました。
  • MQTT接続の耐久性を向上しました。
  • エージェントの軽量化を行いました。

Scriptサービス

  • クラウド側で環境変数の管理ができるようになりました。
  • shスクリプトの作成・編集・実行条件設定などをウェブアプリで行い、エージェントによる自動実行が可能になりました。
  • shスクリプトが実行できるフェーズ:
    • 「アプリケーションの初期インストール時」
    • 「アプリケーションの各アプデートの前」
    • 「アプリケーションの各アプデートの後」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *