Firebaseを使ってIoTデータをリアルタイム可視化する

この記事はisaaxアドベントカレンダー2018 5日目の記事です。

IoTではセンサーデータを受け取って、可視化するのが基本的な使い方ではないでしょうか。その際に必要になるのが、センサーから随時上がってくるデータを格納しておく場所と、それをリアルタイムに可視化する方法です。

今回はisaaxプロジェクトからFirebaseへデータを保存し、さらにそれをグラフ化してみたいと思います。Firebaseにはリアルタイムデータベース機能があり、まさにセンサーデータを可視化するのにぴったりな使い方が実現できます。 (more…)

センサーがたくさん詰まったEnviro pHATをisaaxで使おう

Raspberry Piを楽しむためには、まず何かセンサーを付けてみるのが最初の一歩と言えるでしょう。実際、Raspberry Piに対応したセンサーは山ほどあります。しかし、たくさんあるからこそ、どれを買って良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方にお勧めしたいのがEnviro pHAT(エンバイロ・ピーハット)です。Enviro pHATには下記のセンサーが搭載されています。 (more…)