欲しいセンサーてんこ盛りなEnviro+の紹介

IoTプロジェクトにおいて大事なのがセンサーです。Raspberry PiやArduino単体でも多少の遊びはできますが、実用的に使うためにはセンサーの存在が欠かせません。

しかし、世の中にはたくさんのセンサーが存在し、どれを購入したら良いのか迷ってしまわないでしょうか。さらにアナログ、デジタルの問題もあります。Raspberry Piではアナログデータを扱うことができないので、アナログセンサーを使う場合にはADC(アナログからデジタルデータに変換するコンバータ, ADコンバーター)も必要になります。これらの準備だけでも疲れてしまうことでしょう。

そんな方にお勧めしたいのが今回紹介するEnviro+というHATです。多くの方達が欲しいと思うであろうセンサー群がたった一枚のHATに収まった製品です。 (more…)

Raspberry Pi 3 にROS Melodic Moreniaをインストールする

ロボットを開発する際に利用されるのがROS(Robot Operating System)です。OSとはいってもWindowsやmacOSのようなものではなく、ロボット開発を行うためのツールセットと言った方が分かりやすいかも知れません。通常のOSは処理集中型で、すべてのタスクがOSに集中しますが、ROSの場合は分散型になっています。モノを掴む、歩行すると言った動作を考えても、様々なセンサーやサーボなどが同時に動いて実現されます。それらの細かな制御を一つのOSだけで行うのは困難であり、ROSのように各センサーや各タスクごとに処理を分散、委譲して行われるのが効率的になります。

今回、そんなROSをRaspberry Pi 3 B+にインストールする方法を紹介します。

(more…)

プログラミングできるロボットカーOSOYOO Raspberry Pi Robot Carを試す

Raspberry Piを買った目的の一つに自分で動作できるラジコンを作りたいという話を良く聞きます。しかし、そうそう簡単なものではありません。モーター、サーボなど様々なセンサーが必要ですし、バッテリーやタイヤなどのパーツも必要です。

そこで紹介したいのがOSOYOO Raspberry Pi Robot Carです。Raspberry Piを使ったロボットカーで、Pythonから操作も可能です。それがキットになって、一式手に入るようになっています。

(more…)

センサーを使わなくとも使えるRaspberry Pi工作アイディア

Raspberry Piはセンサーなどを繋げないといけないと思っていないでしょうか。半田付けをしないといけない、センサーから上がってくるバイナリの値を数値化するためにコーディングして…などと考えるとついつい億劫になってしまうはずです。

今回はもっと手軽にRaspberry Piを使って遊べるアイディアを紹介します。キットを販売しているものも多いので、それらを使えばコーディングも殆どせずに利用できるはずです。

(more…)

PLCを使ってRaspberry Piを制御する。OpenPLCの紹介

産業用機械の制御ではPLC(Programmable Logic Controller)という方式が使われています。産業用と銘打たれているので分かる通り、専門分野に特化した技術になっており、学ぶためにも高価なハードウェアやソフトウェアを手に入れる必要があります。

そうした状況を打破すべく作られているのがOpenPLCになります。オープンソース・ソフトウェアとして開発されており、対応デバイスの中にRaspberry Piも含まれています。今回はそんなOpenPLCを紹介します。

(more…)

ラズパイのOS Rasbianを日本語化する

Rasbian(ラズビアン)はRaspberry Piを使う際に利用されるOSですが、デフォルトでは英語環境となっています。そのまま使っても特に問題はないのですが、入出力が日本語化されている方が安心できる方も多いでしょう。

そこで今回はRasbian Stretchを日本語化する方法を紹介します。

Raspbian Stretchのダウンロード方法はこちらの記事を見てください。

(more…)